「国は、生きる意志のない者を強制的に生きさせる」尊厳死や承諾殺人、自殺ほう助を承認する人たちがこんな主張をします。また、「自殺はプライベートなことで、あらゆる道徳的判断は控えるべきである。」なんて、倫理学者アルベルト・ボンドルフィは言いました。確かに。全