うさぎ団 @ 日本語教師 のブログ

日本語教育の新しい可能性を探る有志団体『うさぎ団』のブログです。

うさぎ団 @ 日本語教師 のブログ イメージ画像
まっすぐすぎて、ひとりで何でも抱え込んでしまう『月うさぎ』のような女性たちが、力を合わせて困難に立ち向かえる場をつくろうと結成しました。

法務省告示校

5
 来月16日(日)に実施される日本留学試験まで、あと1ヶ月を切りました! 留学生の皆さんは頑張っているでしょうか? また、指導される先生方も大変でしょうか。 1996年から日本語教師になって、2002年頃からは留学生の大学受験対策の責任者となって、今の今までに至り
『日本留学試験まで、あと1ヶ月を切りました!』の画像

5
いよいよですね!4月1日から『認定日本語教育機関法』が施行され、日本語学校の認定制度が始まります。認定するのは文部科学省で、その認定の条件に『日本語教育の参照枠』が求められています。これを無視して、今までどおりでも認定されるのかどうかは分かりませんが(笑)
『認定日本語教育機関法と日本語教育の参照枠』の画像

5
日本国内の法務省告示校、いわゆる日本語学校から外国人留学生が日本の大学へ進学する場合、 ほとんどの入試で面接試験が行われます。その面接試験の際、質問されることのうち、最も重要な質問を解説しています。意外に思うような質問ですが、過去、調べ続けたデータによって
『外国人留学生向け大学入試で聞かれる最も重要な質問』の画像

5
大学・専門学校の外国人入試の季節となりました。私が初めて日本語教師を始めた頃から予備校の仕事と掛け持ちをしており、新人の頃は周囲の先輩日本語教師たちから「日本人の入試と外国人の入試は違う!」と鼻息荒く責めたてられました。けど、今は、はっきりと言えます。同
『留学生より進学指導担当者の方にこそ見てもらいたい!』の画像

【持論】 日本語教室の先生には要りませんが、日本語学校の先生には教職が必要だと肌で感じています。特に「学級経営力」。 こちらが相手の言葉が分からないのをいいことに嘘をついたり隠し事をしたり、面従腹背の学生を炙り出すのは簡単です。私の場合、年度の早い段階に
『法務省告示校と日本語教室は違います。』の画像

↑このページのトップヘ