日本語教師・うさぎ団のブログ

日本語教育の新しい可能性を探る有志団体『うさぎ団』のブログです。

日本語教師・うさぎ団のブログ イメージ画像
まっすぐすぎて、ひとりで何でも抱え込んでしまう『月うさぎ』のような女性たちが、力を合わせて困難に立ち向かえる場をつくろうと結成しました。

日本語教育

法務省告示校、いわゆる日本語学校の抹消基準としてCEFRを持ち出したのは、教育の質の担保ということらしい。なもんだから、それが発表された時、「日本語学校は塾や予備校と同じ扱いなのに、なんでそこまでやらなきゃならないんだ!?」といった言葉を少なからず聞いた。け
『国を挙げたインチキ!』の画像

本当にどうしたんでしょう…。更新されません ↓ 。http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/nihongokyoiku_hyojun_wg/第3回 ↓ の議事録が上がりませんね。http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1421401.html中止になったのでしょうか…。
『もう1週間…。』の画像

以下、法務省がCEFRの基準としてリストアップしている試験です。日本語能力試験https://www.jlpt.jp/実用日本語検定J.TESThttp://j-test.jp/JLCT Japanese Language Capability Testhttps://www.jlct.jp/STBJ標準ビジネス日本語テスト https://www.ajlea.net/stbj/TOPJ実用
『腐ってるね…。』の画像

日本語能力試験は、言語知識をみる、いわば『日本語の知識』を見るための試験です。それに対し、CEFRは、言語運用能力、つまり、4技能を使った実践力をみるための参照項目です。となれば、読む・聞くの2技能と言語知識をみる日本語能力試験はCEFRには対応していないという
『混乱してるんでしょうね。』の画像

法務省告示校抹消基準が発表されました。そこにCEFRの基準が採用されたことに驚いた日本語教師の方はたくさんいらっしゃったでしょう。けど、これが法務省の判断だとは思えません、って常識か(笑)。で、ミミ―は散々、色々なところで訴えてきました。『CEFRの基準を証明す
『売国奴め!!』の画像

↑このページのトップヘ