明日は日本語教育能力検定試験ですね。
受験生の皆さん、頑張ってください!

さて、
CEFRがとるのは『複言語主義』。
言語知識をみるのではなく、言語運用能力の参照基準。
Candoであらわす。

でもって、これに反対する人たちの主張は、『できる』『できない』で移民を選別してはいけない、というものだけど、とりあえず、日本語能力試験とかいうインチキ公資格試験を擁護している連中がケチつけてるに過ぎません。要は、自分たちが一生懸命に作った教科書や問題集が売れなくなることを懸念しているのです。

笑ってしまうのが、看護師国家資格試験を受けたベトナム人、フィリピン人、インドネシア人のうち、ベトナム人合格者の割合が高かった、という結果が出たのは、日本語能力試験のおかげだとい理屈。
よくもまぁ、こんなチンケなこじつけをしゃぁしゃぁと…。
来日前、ベトナムはN3、フィリピン、インドネシアではN5をとらなきゃ来られない、とか言ってるけど、どこをどう歪めたらこんな理屈が通るんだろうね。

別に日本語能力試験じゃなくても構わないでしょ?

いや、日本語能力試験は『読む』『聴く』の2技能、それも日本語の知識を判定する試験だから、こんな試験で日本語運用力は証明できるわけないでしょ。もっとちゃんと4技能を判定する試験を受けさせて、それで証明すれば遥かに合格率が上がると思うのですが、そんなことも分からないのか?
要は、前述のインチキ公試験擁護派連中が、自分たちの金儲けのために、必死に出鱈目な理屈と実績をこじつけて宣伝してるだけでしょ?
こんなことも分からない馬鹿が日本語教師をやってるのか?
まともな神経の持ち主なら、どう考えても『読む』『聴く』だけで外国語が出来るなんて言わないと思うのだが。かつて日本がやってきた出鱈目英語教育と今の日本語教育は変わらないってことか?

日本語教師の皆さん、自分が日本社会から相手にされないほど馬鹿だからって、外国人相手に逃げて出鱈目なインチキをするのは止めてください。
日本の恥です!
日本語能力試験がCEFRに対応していないインチキ公資格試験だって、証明されてますよね?
https://jfstandard.jp/pdf/jfs_jlpt_report2017.pdf

明日の日本語教育能力試験に、CEFRの話が出題されたら、日本語能力試験が如何にインチキかを証明する作文を書きましょう!




うさぎ団を応援してください!
下のランキングにクリックをお願いします。
人気 blog ランキング / にほんブログ村


master mimi