日本語教師・うさぎ団のブログ

日本語教育の新しい可能性を探る有志団体『うさぎ団』のブログです。

日本語教師・うさぎ団のブログ イメージ画像
まっすぐすぎて、ひとりで何でも抱え込んでしまう『月うさぎ』のような女性たちが、力を合わせて困難に立ち向かえる場をつくろうと結成しました。

更新情報

 すごい人を見た時、その人は「何か目に見えない特殊能力(特殊パワー)を神様が与えてくれたから出来るんだ!」なぁんて本気で信じるほどミミーは馬鹿じゃない。まぁ、外見や要旨、体格なんてのは確かに神様が与えてくれた、というより、日本的に言うなら親からもらったも
『パフォーマンス評価とルーブリック』の画像

さて、前回の記事にも上げましたが、↓ こちらの表。https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kondankaito/nihongo_kyoin/pdf/93033002_02.pdfこれは文化庁のサイトにある『類型「留学」の審査項目について』です。この表を見ると、留学生を扱う法務省告示校の日本語
『『公認日本語教師』と『類型化』Ⅱ』の画像

 さて、前回の記事では『質の低下』についてお話しました。日本語教師ってのは、養成講座を出た後から、日本語教育検定試験に合格した後からが勝負だとお話しました。実際に教壇に立つようになった時、どんな先輩日本語教師に出会うか、どんな教務、教務主任に出会うかで、
『公認日本語教師と『日本語学校の新しい評価方法』』の画像

 知り合いから相談を受けました。 彼は中学校の英語教師です。 その英語教師がミミーに「CEFRについて詳しく教えてくれ」というのでした。 こんな相談を受けたことを周囲に話すと「すごい!金儲けができるじゃん!」なんて言われました(笑)。まぁ、金儲けはおいておい
『公認日本語教師 ~質の低下と質の確保~』の画像

 前回の記事から間が空いてしまいました。 バタバタしていて申し訳ございません。 前回は『公認日本語教師』を巡るお話をしました。その内容を受け、『公認日本語教師』を目指そう!と題し、暫く記事をつづけたい(つづくかなぁ・笑)と思います。 さて、前回は『類型化
『『公認日本語教師』と『類型化』Ⅰ』の画像

 『日本語教育推進に関する法律』が公布、施行され、国家資格である『公認日本語教師(仮)』が創設されることになりました。その法案を去年(2020年)内に検討し、今年の通常国会(1月~)に提出する予定だったそうですが見送られたようです。 https://www.bunka.go.jp/s
『1年延びた『公認日本語教師』』の画像

いよいよワクチン接種が始まりますね!すごく期待しています。皆さんは、いかがでしょうか?日本語学校を取り巻く現状は非常に厳しい状況で、何せ飛行機が飛ばないんですから、留学生相手の我々にとっては、鎖国状態って言った感じです。帰国したい学生も帰国できず、営業に
『アフター・コロナ』の画像

程度の差ってのを学びました。時間を守らない日本人なんていくらでもいます。けど、中国人を相手にする時、相手も同じだと考えると必ず失敗するでしょう。中国人じゃ対象にならない?なら、インド人でもいいですよ。これは偏見でもなく、お国柄ともいうべき『程度の差』です
『程度の差』の画像

もうこうなってる ↓ んですよ。上は一般の高校の英語の授業です。下は、中学校の英語の授業です。公立の学校って、所詮、地方公務員の方々の殿様経営ですから、シカトしてだらだら授業している学校が多々あるようですが、私立がそんなことしたら潰れます。で、もちろんそん
『外国語教育』の画像

先日、第104回日本語教育小委員会の議事次第が発表されました。https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/nihongo/nihongo_104/ここまでの流れからして、言語の4技能+やりとりが重視されることは確実のようです。…って、何をいまさら…ってところですが、こ
『日本語教育の改革』の画像

イギリス産業革命の話をするとき、産業革命がなぜイギリスで発展したのかを説明しなければなりません。それは、ルネサンスがなぜイタリアで起こったのかを説明しなければならないのと同様です。学力レベルの低い高校や大学入試では知識の暗記が重要でその知識が使えるかどう
『産業革命』の画像

↑このページのトップヘ